章立て

当サイトでは、お客様に最適なサービスを提供するためにCookieを使用しています

レザー

レザーソーシングの一歩先へ

プロジェクトの立ち上げ以来取り組んでいるレザー生産チェーンの見直し。トレーサビリティと化学物質の透明性という2つの改善項目を中心に焦点を当ててきました。 私たちは、使用するレザーがどこから来て、何が入っているかを知っています。

VEJAで使用している牛革は、畜産文化や革の品質で知られるウルグアイの農場で生産されたものです。

ブラジルでなめされ、有害な化学薬品や禁止されている化学薬品は一切使用されていません。

VEJAでは、規制に準拠した従来の染料を使用しています。なめし工程では、水の使用量に特別な注意を払います。

VEJAレザー、クロムフリーレザー、スエード、ヌバックを供給するすべてのタンナーは、持続可能な環境活動を推進するレザーワーキンググループのゴールド認定を受けています。

レザーワーキンググループ(L.W.G.)は、タンナーとメーカーで構成される独立団体です。 レザー加工が環境に与える負荷を低減するため、持続可能な慣行に取り組んでいます。 クロムが有毒な六価クロムに変化するのを防ぐため、毎年、革に含まれるクロム量をモニターするための検査をランダムで行っています。

VEJAの2つのスタイルのうち、1つは100%ヴィーガンです。

2021年のコレクションに含まれる329スタイルのうち、156スタイルがレザーを一切使用していません。

Tanned leather

Porto Alegre, 2011

© Cédric Alliot

ベジタブルタンレザーってどんなレザー?

なめし加工後の乾燥プロセス

ベジタブルタンレザーってどんなレザー?

© Cédric Amiot

2008年から2015年まで、VEJA が使用するレザーは100%ベジタブルタンレザーでした。 しかし2015年以降、コストと品質を理由に方向転換を余儀なくされました。

タンナー

ポルト・アレグレ、2013年

写真

© Studio VEJA

2022 Spring - Summer lookbook

© Vincent Desailly

クロムフリーレザー

牛のクロムフリーレザーは、滑らかで軽いのが特徴です。ブラジル南部(リオグランデドスル州)の農場で生産されたこのレザーは、革新的ななめし工程を経ています。 クロムや重金属、危険な酸を一切使用しない革新的ななめし工程を経ています。

なめし工程を簡略化することで、化学薬品やエネルギーの使用を制限。水の使用量を約40%、塩の使用量を約80%削減しました。なめした後の水は はリサイクル可能です。