章立て

挑戦

限界を知ること

VEJA は常に変化しながら、プロジェクトに内在する限界を見極めています。

製造

アイレットにニッケルが使われていないとはいえ、その金属を自分たちで調達したわけではありません。

Porto Alegre, 2021

© Studio VEJA

タックス・ヘイヴン

立ち上げ当初から、タックス・ヘイヴンに支店を持たない銀行との取引にはこだわり続けています。 そういった理由により、NEFは常に資金調達と事業運営に欠かせないパートナーです。またCrédit Coopératifとも取引を続けています。
一方オンラインストアで使用する銀行は、今もタックス・ヘイヴンに支店を持つ銀行に頼っています。 VEJA の販売方針は世界全域を対象としているのですが、普段利用する金融パートナーがそれに対応できるサービスを提供していないことが理由です。

染料

レザー、ラバー、コットンの染色に使う顔料は天然ではありません。

2012年と2013年、植物や鉱物由来の天然染料を生産量の40%に使用しましたが、赤色の品質が基準に達しませんでした。

退色しない安定した色彩を得るためには、欧州連合が制定した REACH 規則に則る範囲で従来の染料を使用するしか、今のところ方法がありません。

タンナー

2011年

© Cédric Amiot

レザー

2008年から2015年まで、VEJA が使用するレザーは100%ベジタブルタンレザーでした。

しかし2015年以降、コストと品質を理由に方向転換を余儀なくされました。

3つに1つが100%ヴィーガンモデルの VEJA。 2020年のコレクションでは、324モデルのうち125モデルが動物由来の原料を未使用です。

Tanned leather

Porto Alegre, 2011

© Cédric Amiot

C.W.L は、Campo モデルで2019年1月から採用しているレザーの代替素材。 トウモロコシでできたバイオ由来の素材です。 最初のシーズンに成功をおさめ、いよいよ軌道に乗るかと思われた矢先に、イタリアのパートナーよりバルカナイズ製法で量産するには材料の安定化が難しいと報告を受けました。 バルカナイズ(加硫)加工とは、シューズをオーブンに1時間入れ、ソールを溶かしてアッパーに密着させるプロセスです。 ヴィーガンファブリックの C.W.L が従来の素材に比べ歩留まりが悪く、熱によるダメージを受けやすいというのです。 完成品は、物理試験のすべての検査項目に合格できませんでした。

3か月の試行錯誤の末、この方向性での量産は不可能という結論に達しました。これは VEJA 史上最大の失敗の1つです。 一方、VEJA のベストセラーモデルのすべてがバルカナイズ製法というわけではなく、接着して縫い合わせるだけのタイプもあることに気付きました。 これなら C.W.L との相性もいいかもしれません。 そこで Campo には環境に配慮した新しいクロムフリーレザーを使用することにし、C.W.L ヴィーガン素材は世界的にヒットしている V-10 モデルに採用することにしました。

2022 Spring - Summer lookbook

© Vincent Desailly

現在のところ、トウモロコシの生産プロセスを追跡することは極めて困難です。 参入業者の規模が大きいこともあり、バイオプラスチック産業は透明性に欠けます。 私たちは今、有機農業による廃棄物を使った生産チェーンを構築したいと考えています。

そのようなチェーンがきっとできるはずです。 しかし課題はまだ絶えません。トウモロコシとサトウキビは多くの場合、遺伝子組み換え作物とそうでないものが発酵過程の貯蔵タンクで混ぜられてしまいます。

また C.W.L には、コットンキャンバスにトウモロコシを押し出す際必要なポリウレタンを50%配合しています。

VEJA の合成スエードは、水と化学薬品の使用を厳格に管理するブラジルの工場で生産されています。 とはいえ、合成スエードは依然として石油由来のままです。目標は、100%バイオベースの代替素材を見つけることです。

DARWIN

2020年6月、VEJAは、修理とリサイクルに向けた初のプロジェクトストアをオープンするにあたって、DARWINを選びました。

ボルドーにあるDARWINは、都市のエコシステムを実現したスペースで、企業や各団体による生態学ならびに社会的なイノベーションが集められています。

VEJAは、このスポットに、履き古されたメゾンのシューズの修復とリサイクルを手がける実験的なスペースを設けました。

VEJA x Darwin

Bordeaux, 2021

© Antoine Huot

VEJA x DARWINは、未発売のVEJAシューズプロトタイプ、最小の欠陥を呈するスニーカー、旧コレクションからのシューズを低価格で収集しています。

廃棄物を減らすねらいで、VEJAのスニーカーや他ブランドのシューズを修繕するために、インストア靴修繕職人を擁しています。

VEJA x Darwin

Bordeaux, 2021

© Antoine Huot

オープン以来、この修繕職人の手で、VEJAと他ブランド混合で885足のスニーカーが修繕されています。

修繕不可能なシューズや、履き古したVEJA/他ブランドのスニーカーに向けたリサイクルボックスを設置し、セカンドライフを与えるために収集しています。

現在のところ、他ブランドのスニーカーは、その組成が追跡できないことから、リサイクルすることができません。 その代わりに、寄付やアートプロジェクトへの再利用に向けられています。

Cobbler shop in Galeries Lafayette

Paris, 2021

© Studio VEJA

耐久性

天然素材を追究していくと、耐久性と両立しなくなることがあります。 私たちの目標は、VEJA の一足をより長く履いていただくことです。

野生ゴムで作られたソールは、従来型プラスチック製スニーカーのソールより耐久性があるのか? 98%石油ベースのプラスチックよりレザーの方が環境に優しいのか? 有機栽培のコットンキャンバスは、農薬を使用したコットンキャンバスより丈夫なのか? これらの回答がすべて「YES」になる日、VEJA の賭けは実を結ぶでしょう。

過剰消費

私たちは自分たちのスニーカーとその製法を誇りにしていますが、まだ疑問は残ります。 第一、そんなにたくさん靴を買う必要があるでしょうか? 製品にはスタイリッシュであってほしい、でも崇拝されてコレクションされる必要ってあるのでしょうか? 常に最新スタイルを持ち続けることはそんなに大切なことでしょうか?

2021 Autumn-Winter lookbook 

© Vincent Desailly

ガバナンス

VEJA は LLC(有限責任会社)で、株主は創業者の2人だけです。

成長中の企業にしては古風なガバナンスに見えるかもしれません。しかし私たちは、デモクラシーがあれば資本主義の圧力はいつの日か弱められるかもしれないと考えているので、外部投資家を招くことはプロジェクトのアイデンティティ崩壊につながってしまいます。


輸送

VEJA の主な輸送手段は「海」です。 しかし2019年は生産の遅れを経験し、総出荷数の約10%で航空便を使用しました。 VEJA の物流チームは航空便輸送を減らすため、日々工場との細かなやりとりと調整を続けています。