章立て

当サイトでは、お客様に最適なサービスを提供するためにCookieを使用しています

スニーカー

スニーカーを再発明する

VEJA が考えるのは、デザインと社会的責任の両立です。

デザイン、社会的責任、どちらも譲れない

「VEJA は異端児かもしれない。プロジェクトを立ち上げた2004年はちょうどインターネットバブルのまっただ中で、友だちはみんなスタートアップかインターネットビジネスのどちらかに向かった。集団で邁進するバーチャル世界への熱狂が、かえって僕らをブリック&モルタルな逆方向へと突き動かしたような気がする」

ルックブック プリマヴェーラ-ヴェラーノ 2022

© Vincent Desailly

ルックブック プリマヴェーラ-ヴェラーノ 2022

© Vincent Desailly

違うやり方で靴を作る、それはすべてをゼロからやり直すということ。当たり前のことを決して当たり前のままにしてはいけないと感じていました。 そうこうするうちに、食品、自動車、消費財全般の生産方法が変わり始めました。

ルックブック プリマヴェーラ-ヴェラーノ 2022

© Vincent Desailly

ルックブック プリマヴェーラ-ヴェラーノ 2022

© Vincent Desailly

リオ・ブランコ・スタイルのスケッチ

@スタジオVEJA

VEJA は、他の大手ブランドより長い時間を設計とデザインに費やします。

10年間履き続けられることが誇らしいと思えるようなスニーカーを作ることが、好きで楽しくてたまらないのです。 製造工程のすべてに徹底したこだわりを持っています。 私たちはもともとデザイナーではありませんでした。でも時間をかけて、あきらめなかった。それが今の姿につながっています。

31のモデル

がすでに発表されています

2019年、4年間の研究開発を経て、VEJAが初めて環境に配慮したランニングシューズを発売します。

私たちが目指しているのは、リサイクル素材やバイオ素材と性能の両立です。

コンドルを設計したチームと協力し、素材はそのままに、技術的に改良された製品群を提供することができました。